雨雪降った。
商工新聞11月11日付です。

1面:「記帳義務化へ対応」
   大阪商工団体連合会では、来年1月からすべての中小業者に課せられる「記帳・帳簿の保存義務」対策を強化しようと、各地の取り組みを知らせるニュースを発行したり、自主記帳・自主計算を推進している。港民商では「初心者のための記帳学習会」を月1回開催し続け、「一から基礎を学ぶことができる」と好評。羽曳野民商「手書きの記帳講習会」を9、10月に開催。講習会では一人一人の業種・業態に合わせた帳簿を作り上げる内容で、個別の要望にそって自主記帳・自主計算活動を進めている。

2面:「消費税輸出還付金で10税務署が赤字」
   赤字額トップの愛知・豊田税務署は、ほどトヨタ自動車1社に対する還付金で赤字となっている。湖東税理士は「輸出還付金制度は消費税の不公平の中で最たるもの」と来年4月の増税中止を強く訴えている。


3面:「第9回中小企業のまち民間サミット」
   東京・墨田区で『第9回中小企業のまち民間サミット』が開催され、民商会員・自治体職員・議員など155人が集まり、「労働者と中小企業を守るたたかいをさらに発展させよう」とアピールを採択した。2日目のフロア発言では小風力発電機を開発している東京・蒲田民商大阪・東大阪東部民商の会員の発言が注目を集めた。サミットに先駆けて開催されたプレ企画『中小企業センター視察』では行政の中小企業支援の取り組みを学んだ。

   「オリエンテーリング・ナイトツアー」
   民商が中心に全国で取り組まれているオリエンテーリング。参加店のアピールや商店街の振興に一役買っている。10年目・16回目を迎えた、長野・飯田民商「いいだ夜の街オリエンテーリング」では107店舗が参加し、1000人の市民が飯田の夜を楽しんだ。大阪・平野民商「第3回飲食店ナイトツアー」では19店舗が参加。チラシを見て当日会場に現れたサラリーマンや常連さんたちがナイトツアーを楽しんだ。東京・北区民商「第9回夜のオリエンテーリング」の参加店舗に呼び掛け、お疲れさん会を開催。夜オリの感想を出し合って盛り上がった。


4面:「集まって要求実現民商青年部」
   11月17日は全青協総会。ということで、民商青年部、青年部協議会の取り組みが紹介されている。北海道・苫小牧民商青年部から塗装業の佐々木さんの言葉が紹介されている。


6面:「読者の広場」
   見返り美人ならぬ見返り美猫の投稿写真が。猫かわいい。


7面:「秘密保護法の危険明らか」
   『戦争は秘密から始まる』と危険視され、戦前逆戻りも甚だしい「秘密保護法案」の成立を狙う安倍内閣。法律研究者たちも「憲法を踏みにじる」と反対声明を発表した。

   「原発ゼロ訴え行進」
   10月13日はノーニュークスデイとして共同行動が全国各地で取り組まれた。静岡では、静岡県連も加盟する『浜岡原発廃炉・日本から原発なくす静岡連絡会』『ノーニュークスデイ・イン静岡』を開催した。


8面:「友寄英隆さんのなるほど経済24 注目集めるNISAとは」
    NISA(小額投資非課税制度)って何?というところから、貯蓄のない超庶民世帯には縁のない、新たな投資優遇税制であることを経済研究者・友寄英隆さんが話す。