肝心の滞納対策も。
滞納処分から身を守る10の対策

対策1 営業と生活を守るのは
当然の権利
対策2 書類は捨てず、
必ず見る

対策3 営業と生活の見直しを対策4 権利として
「納税の猶予」の申請を

対策5 担保に先日付小切手は
絶対きらない
対策6 生存権的財産は
憲法に基づき保障される

対策7 差し押さえには
「換価の猶予」や「差押えの猶予」を
対策8 高すぎる延滞税は
免除が当然

対策9 差し押さえに関する
滞納者の保護規定の主張を
対策10 どうしても払えないときは
「滞納処分の執行停止」を