北商連

中小業者のつよーい味方、民主商工会(民商)と北海道商工団体連合会(北商連)です。  
税務調査、確定申告、経営、納税など疑問、不安があればもよりの民商でお話をうかがっています。
ブログでは、民商や協力団体の学習会・イベント・宣伝などを紹介しています。

収支内訳書

収支内訳書は提出しなくても大丈夫【2017】

確定申告お疲れ様でした。
申告がおわり、4月になってから税務署より収支内訳書の提出を求める文書が届いているようです。
収支内訳書は提出しなくても罰則や不利益なことはありません。
とはいえ、税務署等々から郵送物が届いたら内容は確認しましょう。

 

商工新聞2013年7月29日号の紹介

7月終わり。

商工新聞2013年7月29日号の紹介です。(抜粋)

1面:「防火戸づくり極める町工場 危機乗り越え事業を継承」
   防火戸づくりの町工場「中島工業(株)」はスカイツリーにも防火戸を納品。「三角形の防火戸の製作には独自の技術が必要」と胸を張る代表取締役。
    「防火戸のことならナカシマ」と業界の中では評判だが、10年前手形をだまし取られる事件があり、結果、民事再生手続きを取り、仕事が減って資金繰りが悪化。国税・地方税が払えなくなり、市役所で相談したが、払う意思を示す中島さんに担当者は冷たい態度。同時期、前橋市の税務徴収は差押えを乱発していて、群馬・前橋民商が抗議し、納付相談に応じるようにも交渉していた。「税金のことなら民商」と聞いていた中島さんは民商に相談。分納を認めさせた中島さんは差押えの解除を求め、現在も民商の仲間と一緒に交渉中。
    創業40周年を迎えた中島工業(株)は債務返済を終え、事業再生でき、「ようやく息子に事業継承する土台ができた」と中島さん。高い完成度と美しさを兼ね備えた製品づくりが次代に継承されていく。

   「独自の味とスタイル追求 辛さ40段階のスープカリー」
   宮城県兼仙台市「SHAKA」はスープカリー店。「仙台独自、お店独自のスープカリーの味を目指していきたい」と店主の鈴木さん。辛さ40段階、メニューは13種類だが、お客さんの要望に応える形でメニューを増やしていきたい、と語る。


2面:「消費税増税得するのは輸出大企業」
   来年4月から消費税を引き上げようとする安倍政権。秋に動向を判断するといいますが慶應義塾大学の金子勝教授は「輸出大企業だけが得する消費税増税はやりすぎ。輸出戻し税も問題。公平な税体系が必要」と訴える。

   「換価の猶予勝ち取る」
   鳥取民商の会員は不況で地方税や国保料をやむなく滞納し、鳥取市に売掛金を差し押さえられた。「生活や事業に支障が出る差押えは不当だ」と抗議し続けるが、市は差押え解除を認めず。売掛金は入金予定日に差し押さえられたが、後日、市から「差し押さえた分を返します」と連絡が。会員側の主張を認め、後日、換価の猶予の決定通知書が届けられた。不当な差押えから営業と暮らしを守る鳥取地裁の児童手当返還の判決が影響しているのかもしれない。

  「300人が税務署へ抗議」
   3・13重税反対統一行動福島実行委員会は6月13日福島税務署に収支内訳書の提出強要をやめるように抗議した。収支内訳書と督促状が入った封書が納税者に送り付けられ、不安や疑問が広がっていたためだ。「原発事故の風評被害を受けている福島市で、税務署が納税者の不安をあおるべきではない」と福島民商会長。収支内訳書がないことを理由に納税者に不利益を与えないこと――等の請願書を提出し、収支内訳書を返還した。

  「不服審判所で裁決 消費税の課税取り消し」
  京都・福知山民商の会員(焼肉店、養蜂)は福知山税務署からの消費税の決定処分と無申告加算税の賦課決定処分のすべてを取り消す大阪国税不服審判所の裁決を勝ち取った。


3面:「生存権と両立しない」
   消費税増税法案と抱き合わせで成立した「社会保障制度改革推進法」は、憲法25条「生存権」を投げ捨て、社会保障の理念を捻じ曲げている。消費税増税の根拠を社会保障財源といいながら真っ先に削減された社会保障。くらしの最低保証を引き下げる全国民への攻撃に他ならない。
   

4面:「創意工夫の宣伝物 打って出て値打ち発信」
   各地の民商や県連では、実績を押し出したり会員の声を紹介するなど工夫を凝らしたチラシなどの宣伝物を作成している。各種宣伝物で民商の魅力を押し出し、商工新聞読者を増やしたり、会員を増やしている。
   北海道・札幌中部民商でも、路線バスに広告を掲載しているが、広告を掲載後、すぐに「資金繰りを相談したい」と相談があった。市民に民商の存在が広まっている。

   「名刺マスター 経営伸ばす出会いの法則10(最終回)」
   二つ折り名刺を愛用している三反田さん。経営、営業、コミュニケーションは名刺を活用することで大きく変化する。人との出会いが未来を作り、1枚の名刺が出会いを変える、と三反田さんは締める。


7面:「原発なんていらないよ」
   静岡県連も加盟する、浜岡原発廃炉・日本から原発をなくす静岡県連絡会は「0630原発なくそう紫陽花パレード」を開催。毎週金曜日の原発抗議行動50週目を記念して取り組まれた。

   「日本国憲法豆本」
    広島・福山民商の「きまぐれぎゃらりぃ 一楓かん」の河岡さん「日本国憲法豆本(製本:海文社印刷)」を完成。憲法9条、96条改悪を狙う政権や、「戦争に行かない人間は死刑」発言が飛び出す状況で、「護憲」ではなく、持ち歩く憲法で「憲法を活かす=活憲」の立場で戦争阻止に活用してほしい、と語る。

商工新聞2013年5月20日付の紹介

地方別活動交流会に参加された皆さんお疲れ様でした。

2013年5月20日付の紹介です。

1、2面:「改悪通則法で強権調査」
   確定申告の時期が過ぎ、税務調査が始まっていますが、強権的文面による収支内訳書の督促や、適正な手続きを書いた税務調査が横行し看過できない事態も発生している。
    収支内訳書は提出しなくても法律上罰則はない。しかし、各地の税務署から収支内訳書の提出を求める強硬な文書が届いている。中には税務調査をにおわす内容の文書を送ってくる税務署も…。


3面:「増税推進を本格化 朝日新聞の消費税報道 変質の背景①」
   元朝日新聞編集委員の落合博実氏が、益税報道や新聞への軽減税率の適用を繰り返す朝日の「変質」を検証する。

  「金融円滑化法終了 資金繰り改善策 上 政府の動きをつかんで 」
   中小業者を中心に30~40万社が活用した金融円滑化法が終了した。政府の次なる対策は、生き残る可能性のある企業だけを支援して「自立」「再生」させる戦略。すべての企業ではなく「選別」した企業だけを支援する政策の特徴を解説。

  「労働保険の加入進む」
   北海道・旭川民商は万が一の事故に備えて民商労働保険組合への加入を呼び掛けている。3月の相談会には労働保険の仕組みや制度を説明した後に、個別の相談。その後9人が加入している。

  「業者青年に営業力を 継承見据え学習会」
   滋賀・大津高島民商滋賀大津建設協同組合との共催で、大津市内で「営業トーク講習会」を開催。建設業2代目を中心に青年業者20人が参加した。


4面:「輝く女性経営者」
   大分・豊肥民商の古澤芳江さん(食堂)は七里田温泉館「木乃葉の湯」で「食堂木の葉湯」を経営する。季節に合わせた新メニューや、イチゴ大福の販売など魅力ある店づくりに挑戦している。

  「初の民商まつりに1000人 業者青年が奮闘」
   千葉・佐倉民商青年部民商まつりを開催。食べ物の出店から物産展、古書店などのテントが並んだ。「地域の人に民商を知ってもらおう」と青年部員と民商役員で実行委員会を立ち上げた。

  「名刺マスター 経営伸ばす出会いの法則」
   福岡・粕屋民商の三反田さんの名刺コラムがスタート。今回は名刺の役割について。


7面:「原発ゼロまで抗議継続」
   首相官邸前抗議行動から1年。「原発ゼロ」を求めて抗議行動を続ける首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんに聞く。

   「主権回復の日に抗議」
    『4.28屈辱の日』に抗議する沖縄大会が宜野湾市内で開催され、1万人余りが抗議に拳を上げた。沖縄の辛苦に心を寄せているのであれば主権回復に程遠いことは明確ではないだろうか。

   「96条改憲反対で共同」
    5月3日は憲法記念日で、全国各地で5.3憲法集会が開かれた。東京・日比谷公会堂には3500人が集まり、「あらゆる憲法改悪を許さず、今こそ平和といのちを尊重する社会へ」の集会アピールを採択した。

   「青旗が行く 2013年平和大行進」
    核兵器のない世界の実現に向けて、5月6日にスタートした2013年国民平和大行進。出発地点の北海道・礼文島では、寒い気温の中約30人が集まり出発式が開かれた。

   「特区構想の悪用 アベノミクス特区の狙い」
    駒澤大学教授・吉田敬一氏が安倍政権の打ち出したアベノミクス特区を解説。


8面:「石川文洋の中小業者写真館 第1回」
   報道写真家・石川文洋さん(長野・諏訪地方民商会員)が中小業者を訪ねるフォト・ルポルタージュ。
   1回目は長野・岡谷民商「パン工房 はっぴーおじさん」(パン製造・販売)。キャラクターパンの販売や、工房の2階で親子パン作り体験などいろんな企画を実行している。

  「海辺への招待状 38」
   今回の魚はキンメダイ。


全国商工新聞

1ヶ月:500円


相談は民商へ!全商連相談ページへ移動します

記事検索
原発抗議行動
札幌:毎週金曜日 道庁北門 18時~20時

旭川:「NO NUKES 旭川 反原発の勝手なあつまり!」 4条買物公園 18:00~19:30

釧路:「原発再稼働反対!釧路でも集会」 毎週金曜日 釧路駅前 18:00~18:30
北海道の民商


札幌中部民主商工会
TEL:011-281-2808
FAX:011-281-2832
〒060-0002
札幌市中央区北2条西13丁目1-14 ハニー北2条ビル 6F
http://www.tyu-min.com/
http://blog.livedoor.jp/sapporotyumin/(活動ブログ)

札幌西民主商工会
TEL:011-665-6150
FAX:011-665-6163
〒063-0062
札幌市西区西町南20丁目 第3竹道ハイツ2号

札幌北部民主商工会
TEL:011-758-0371
FAX:011-758-0373
〒001-0030
札幌市北区北30条西7丁目2-16
http://hokubu-minsyou.net/
@札幌北部民商twitter
札幌北部民商フェイスブックページ

札幌東部民主商工会
TEL:011-864-7117
FAX:011-864-7124
〒003-0029
札幌市白石区平和通3丁目北5-12 ファインライフ白石
https://sapporo-tou-min.jimdo.com/

函館民主商工会
TEL:0138-52-3185
FAX:0138-52-3180
〒040-0014
函館市中島町18-15
http://www.hakomin.org/
函館民商フェイスブックページ

小樽民主商工会
TEL:0134-25-4563
FAX:0134-25-4564
〒047-0024
小樽市花園4-16-5

室蘭民主商工会
TEL:0143-44-1948
FAX:0143-44-1328
〒050-0083
室蘭市東町1丁目5-14
室蘭民商フェイスブックページ

旭川民主商工会
TEL:0166-23-3913
FAX:0166-22-4253
〒070-0072
旭川市曙北2条5丁目
http://asahikawa-minsyou.com/info.html
http://asamin.net/(活動ブログ)

帯広民主商工会
TEL:0155-22-4555
FAX:0155-22-4583
〒080-0011
帯広市西1条南4丁目
http://www.obimin.net/
帯広民商フェイスブックページ

釧路民主商工会
TEL:0154-23-9261
FAX:0154-23-9263
〒085-0051
釧路市光陽町6-1 北海ビル2F
釧路民商フェイスブックページ

北見民主商工会
TEL:0157-23-8597
FAX:0157-23-9079
〒090-0016
北見市大町62-3
http://kitami-minsyou.com/
@北見民商twitter
北見民商フェイスブックページ

空知民主商工会
TEL:0125-74-6410
FAX:0125-74-6420
〒073-0023
滝川市緑町3丁目7-15
空知民商フェイスブックページ

稚内民主商工会
TEL:0162-33-3901
FAX:0162-33-3902
〒097-0001
稚内市末広4-3-1 (有)新谷商店内
http://wakkanaiminsyou.jimdo.com/

月別アーカイブ

相談は民商へ!全商連相談ページへ移動します

10%増税ノー!







5%に戻せ!
イエローキャンペーン 10%増税ノー!

タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ