商工新聞2014年4月7日付から記事紹介。

4面:「一緒に学習して申告乗り越えて」
   北海道・室蘭民商青年部
は2月19日に申告学習会を開催。参加者はパソコンで記帳しながら、互いに励ましあい、疑問には部長と副部長が応えていった。3月15日には「申告ご苦労さん会」を、新入部員歓迎会も兼ねて開催。学習会で、申告の苦労を一緒に乗り越えた達成感からかご苦労さん会は盛り上がり、青年部の仲間同士のつながりが強まった。
   「開業から労働保険までなんでも相談できる。自分も開業届をだすところから民商で勉強をしている」と副部長が同業の青年を誘い、新たな部員を増やしてきた。部長は「同じ民商青年部の仲間としてみんなで商売を伸ばせるよう事業展開や営業に役立つ学習会もしていきたい」と意欲を語る。